お金足りない

お金が足りない時の対処方法とは?

今月お金が足りない…
給料日前で食費が足りない
毎月お金が足りずギリギリの状態だ・・・

 

賃貸住宅の更新料、学校関係の集金、車を持っている人なら自動車税や保険料など、
忘れがちな出費でついついお金が足りない状況になってしまうことってありますよね。

 

お金が足りないと言う時は、食費などの生活費の節約や家族や友達からお金を借りる方法があります。

 

結論を言いますと、お金が足りない状況になってしまったら、時間と手間がかからないカードローンやキャッシングを利用するのが一番最適です。

 

あなたは、ちょっと支払い予定を忘れてただけで、親戚や友人とお金の貸し借りに発展するのは抵抗がないでしょうか?
お金が足りない状況は、できれば自分だけの問題で留めておきたいものですよね。

 

カードローンであれば、Webで完結できて郵送物は不要のサービスもありますので、周囲に知られる心配がありません。
「お金足りない!」と思ったその日にお金を借りることも可能です。
50万円以内なら収入証明書すら不要のサービスもありますので、貯金を引き出す感覚でお金を借りることができます。

 

はじめての方は抵抗があるかもしれませんが、はじめてなら最大30日間無利息のサービスがありますので、
来月の自分からお金を借りる感覚で利用してみると良いかもしれません。

 

ここではお金が足りない状況の対処策として、
最近11人に1人の割合で利用が拡大している人気サービスのカードローンを紹介します。

 

このサイトを読めば、誰にも知られず自分の力でお金が足りない状況を解決できる方法が見つかります。

 

 

お金が足りない時の人気カードローン

プロミス

商品名:フリーキャッシング
金利4.5~17.8%
審査時間最短30分
限度額500万円

 

プロミスの3つの魅力

  1. Webなら最短1時間で融資も可能
  2. 初めての人だと30日間は利息0円で利用できます。
  3. Webで完結できる

 

さらにプロミスはレディースキャッシングと言う女性目線のサービスも充実しているのが大きな特徴です。
女性専用ダイヤルが利用でき、女性オペレーターが対応してくれます。
同じ女性として旦那に言えない悩み等を共有しやすいサービスですね。

 

また、プロミスはLINEで質問ができるので不安な方は、プロミスをおすすめします。

 

 

モビット

金利3.0~18.0%
審査時間最短30分(10秒簡易審査結果)
限度額800万円

 

モビットの特徴

  1. 顧客満足度ランキング2年連続No.1
  2. Web完結申し込みが可能
  3. 三井住友銀行利用ならATM手数料0円

 

アイフル

金利3.0〜18.0%
審査時間最短30分(1秒診断)
限度額800万円

 

アイフルの特徴

  1. 初めての人だと30日間は利息0円で利用できます。
  2. Webで完結できる
  3. 融資可能か1秒で診断できる
  4. あなたにピッタリな借り方を30秒で診断できる

 

 

お金が足りない時にカードローンの金利って高いの?安いの?

お金が足りない状況でも、初めてカードローンを利用する方なら気になるのは金利ですよね?
30日間は無利息だとしても、実際はどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

ここでは、お金が足りない状況で10万円を借りる例で金利を計算してみます。
金利は18%とします。

 

金利18%で、30日間10万円を借りたとすると、
10万円 × 18.0% ÷ 365日 × 30日 = 約1479円

 

金利は約1500円程度です。
どうでしょうか?

 

ちょっと高めのランチ程度でお金足りない状況が解決できます。

 

 

お金が足りない時にカードローンがおすすめな理由

お金が足りない時は、出費を減らして収入を増やすことです。
しかし今月お金が足りないと言う状況では出費を減らすだけでは間に合わない場合がほとんどです。

 

支出を増やす方法として、副業や買取サービスを利用、家族や友人から借金をする方法があります。
どれも時間や手間がかかるのと、何と言っても周囲にお金が足りない人として知られてしまうのが問題です。

 

ちょっとお金が足りないだけなのに…
お金足りない訳じゃないけど、急な出費に対応できなくなる…
今お金足りないだけで、給料が入れば解決するのに…

 

こんな状況に一番最適なのがカードローンです。
プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は、24時間最短10秒でお金が足りない状況が解決できます。

 

はじめてで不安な方はLINEでも気軽に質問できますので、返済計画など相談してみると良いでしょう。

 

 

お金が足りない時の対処まとめ

お金が足りない時に、自分で解決するならカードローンが1番おすすめです。

 

最近では毎月の給料でその月の生活費がやっと賄えるという家庭が多くなっています。
そんな時に冠婚葬祭や保険の更新など、急な出費で大切な家族や友人との関係に悪影響が出てしまっては大変です。

 

カードローンなら少しずつの返済も可能ですので、月々の生活に支障が出ない工夫ができます。

 

利息を低くおさえるならプロミス
借入金額が高額ならモビット
がおすすめです。

 

お金が足りない状況を解決するなら、プロミスでまずは審査を申し込んではどうでしょうか?

 

 

お金が足りない原因と解決策とは?

  • 給料日前はいつもお金が足りない状況になる
  • お金が足りないって程じゃないけど、急な出費があれば対応できなくなる

お金が足りない状況は人それぞれだと思いますが、ここではお金が足りなくなる原因と解決策をご紹介します。

 

お金が足りなくなる原因

  1. 収入と出費のバランスが崩れている
  2. 固定の出費が多い
  3. 無駄な出費が存在する

 

お金が足りなくなる原因をまとめるとこの3つになります。
1つずつ詳細に見ていきましょう!

 

収入と出費のバランスが崩れている

お金が足りない状況と言うのは、収入に対して支出が多い状態です。
もしくは収入の割に支出が多い場合ですね。

 

収入と支出のバランスを整えるには、支出を管理できる状態にする必要があります。
あなたが何にいくらお金を使っているのか、状況を把握できないといけません。

 

そのためには、家計簿が必要になってきます。
家計簿を付けていない方は、まず家計簿を付けることから習慣にすると良いと思います。

 

家計簿の付ける時のポイントをご紹介しますので参考にしてみてください。

 

お金が足りない原因がわかる家計簿の付け方

  1. 1ページに1ヵ月分を記入する。
  2. 食費や交際費、固定費のような大まかなジャンルに分け、あまり細かく分けない

 

家計簿は1ヵ月単位で把握していきますので、1ページに1ヵ月分を記入しているとお金が足りない状況を把握しやすくなります。
お金を使った項目が細かすぎると、何の項目に入れたら良いのか迷うことにもなり、本来の目的であるお金が足りない状況を把握するところまでに疲れてしまいます。
これではお金が足りない状況を解決することが出来ませんので、お金を使った項目に関してはあまり細かくしないことがポイントです。
少なくとも固定費かそうでないかがわかれば良いと思います。

 

固定の出費が多い

家計簿を付け、あなたが何にどれだけお金を使っているのか見えるようになれば、次は固定費に目を向けます。
固定費とは、家賃や光熱費、携帯電話やインターネット、車のローンなど毎月必ず支払う必要がある費用です。
この固定費を見直すと、毎月の支払額を減らすことになりますのでまずは固定費から見直すことをおすすめします。

 

ここでは家賃を例に見直し方をご紹介します。
家賃や住宅ローンなど、住宅に関する費用は固定費で一番多く占めていると思います。
住宅費用は、収入の1/3が目安と言われています。
収入の1/3より支払いが多い場合は、住宅費用を見直すことをおすすめします。

 

賃貸であれば1/3におさまる家賃の部屋へ引っ越す、住宅ローンであれば、ローンの借り換えが出来ないかどうかまずは検討してみると良いと思います。

 

家賃のほかに、生命保険や携帯電話などの通信費も見直すことで大幅に費用を下げることが可能になる場合があります。
例えば携帯電話のキャリアがソフトバンクやドコモのような大手キャリアを使用している場合は、格安SIMに切り替えるだけでも5000円近く下げることが出来る場合があります。

 

無駄な出費が存在する

固定費の見直しが出来れば、次は他の出費に無駄がないかチェックします。
例えば、毎日ペットボトルの飲み物を購入している場合、たった150円でも20日間で3000円にもなります。
お茶を購入しているなら、家でお茶を作って持っていくだけで3000円近く出費を抑えることになります。

 

携帯電話の見直しや保険の見直しでも3000円下げるのはなかなか出来ないと思います。
お茶を家で作るだけで月々3000円の出費が減るのは凄く効果が高いと考えます。

 

他に衝動買いなどをしてしまった場合でも、家計簿を付けていると見直すことが出来ます。
あとから「なんで買ってしまったんだろう」と気づくことだでも一歩前進だと考えています。

 

余計な出費をしないコツは、予算を決めることです。
例えば毎月の食費は4万までと決め、その中で食費をやりくりするだけでも無駄な出費を抑えることに繋がります。

page top